HOME >> UMML関西の歴史

UMML関西の誕生

平成8(1996)年9月29日
白石会長がウルトラマラソンメーリングリスト(UMML)を立ち上げました。

平成8(1996)年10月
四万十川100キロマラソンに参加した平野正善さんが、帽子に「ウルトラマラソンのメーリングリストをしませんか」という短冊をつけたランナーを見つけました。もちろんこれが白石会長です。

その時、竹上さんも四万十川100マラソンに参加しており、大阪に帰ってから平野さんと竹上さんがUMMLに登録しました。平野さんが18番目、竹上さんが19番目の登録者でした。(余談ですが、1番目は会長の弟さんで、2番目の登録者は伊東です。)

平成9(1997)年3月
オフ会をやろうということになり、新大阪駅構内の居酒屋「磯八」に8名のランナーが集まりました。白石さんも高松から参加されました。きっとUMML最初のオフ会でしょう。今はいつも飲んでばかりですか・・・・。

なにせ、お互いにメール上では親しく話しても、初めて会う人ばかりなので、平野さんが作ったポスターを掲げて新大阪駅の千成瓢箪の前でどきどきしながら皆さんを待ちました。

UMMLin関西第1回オフ会
前列左から いかくん、もみさん、竹上さん
後列左から 白石さん、かんちゃん、阿部さん、平野さん、伊東



  。。。。PHOT by CASIO QV-10A 1997.03.20 。。。。

その後、関西のウルトラ仲間の松田嘉子さん、林尚子さん、美馬伸哉さんが仲間に入り、知らないうちにUMML関西を勝手に名乗りはじめました。

(記.竹上)